【COVID裁判】大陪審、世論裁判所 - Reiner Fuellmich博士の冒頭陳述

2 years ago
667K

COVID裁判の動画に字幕を入れました。
必見です。今まで色々な動画の字幕を入れてきましたが、全てが繋がる動画です。
ドイツの弁護士、ライナー・フューミッヒ博士の冒頭陳述です。
今後、この裁判で証人として、マローン博士、イェードン博士等の世界各国の権威ある方が出てくる予定です。
Telegram: https://t.me/Mayo97/8016
#へっぽこ @Mayo97

大陪審|1日目
https://odysee.com/@GrandJury:f/Grand-Jury-1-EN:0

Grand Jury(大陪審)のHPより👇
民衆法廷による大陪審の手続き
自然法を通じて国民の良心に力を与える。
「一人の不当は全員の不当」

私たち国際弁護士と裁判官は、ここに米国大陪審の手続きに倣った犯罪捜査を行っています。
この大陪審の調査は、陪審員(世界の市民で構成)に、「指導者」に対する今日までのCOVID-19の「人道に対する犯罪」の利用可能なすべての証拠を提示するための模範的な法的手続きとして機能します。
パンデミックの共通計画の策定と実行を支援、幇助、積極的に参加した「組織者、扇動者、共犯者」。
捜査の対象となる犯罪には、「人道に対する罪」を犯すという共通の計画に従って人が行った、あるいは行わなかったすべての行為、および世界中の陪審員のさまざまなコミュニティで非難されたそうしたすべての犯罪行為が含まれます。

この調査は人民の、人民による、人民のためのものであり、「人民世論裁判所」と呼ばれるものとする。
現行制度の法廷で実際の証拠を審理する裁判所を見つけることができなかったため、私たちは現行制度の外で、自然法に基づいてこの手続きを行っています。
これは、すべての人が善と悪、善と悪を容易に区別することができるという確固たる信念に基づくものである。

この主張は、世界の政府が腐敗した犯罪的な権力機構の支配下に置かれているというものである。
彼らは結託して、何年も前から計画していたパンデミックを引き起こした。この目的のために、彼らは意図的に虚偽の事実を述べ、社会的に操作された心理作戦を行い、そのメッセージを企業メディアを通して伝えることによって、大衆パニックを引き起こしたのである。

この集団パニックの目的は、いわゆる「予防接種」に同意させることであった。この「予防接種」は、その間に有効でも安全でもなく、極めて危険であり、死に至ることさえあることが証明されたのである。

これらの「人道に対する罪」が世界の人々に与えた経済的、社会的、健康的損害は、何千億ドルという単位で計ることができる。

以下の弁護士たちは、世界中の高名な科学者や専門家の協力を得て、ポルトガルの裁判官の後援のもとで活動しています。
この大陪審の調査は、陪審員(世界市民)に「人類に対する犯罪」の全容を明らかにするために行われます。

「民衆法廷」の調査の目的は2つあります。一方は、模範的な手続きとして、これらの「人類に対する犯罪」の刑事上および民事上の責任者の何人かに対して起訴することです。
そしてもうひとつは、地政学的・歴史的背景を含め、私たちが直面していることの全体像を示すことで、次のようなことを意識させることです。

乗っ取られた現在のシステムとその制度が事実上崩壊していること、そして、その結果として国民自身が主権を取り戻す必要があること。
まず、このプランデミックを阻止するために、従わないことが必要です。
医療、教育、経済、司法など、自分たちの新しいシステムを立ち上げ、憲法に基づく民主主義と法の支配を取り戻す必要があります。
https://www.grand-jury.net/

Loading 34 comments...