【遠見快評】民主主義の危機 バイデン勢力が目論むデジタル全体主義

Published December 12, 2020 4,662 Views

Rumble 民主党の「ギャング・オブ・4」の一人として知られるAOC(アレクサンドリア・オカシオ=コルテス)議員は、トランプ支持者ブラックリストの設立を宣言し、トランプ大統領の支持者の個人情報を収集し、トランプを支持した事への制裁を下すと騒ぎ、さらには同僚、隣人、夫婦、親子など身の回りのトランプ支持者を告発するよう一般市民に呼びかけていた。その制裁とは例えば、企業にトランプ支持者を解雇するよう圧力をかけたり、政治から追放するよう要求し、次の世代にまで拡大させるという。多くの米国人はこれをただのジョークとしか見ていない。しかし、中国共産党の政治運動、特に政治犯に分類されたために受けてきたあらゆる種類の残酷な抑圧を経験したことのある人であれば、笑える者はいない。これは決してAOC氏だけが変わっていて現実離れしているのではない。これこそが彼らの計画で、彼らが政権を手に入れれば、この青写真を実現するのに何の政治的・技術的な困難はない。テキサス州の告訴が最高裁に却下されたことは、また彼らが目指すデジタル全体主義がまた近づいたということになる

◆大紀元エポックタイムズ・ウェブサイト
Youtubeチャンネルと同様、真実と伝統をモットーに、他のメディアが報道しない独自の視点で世界のニュースをお届けしています。その他、歴史、生活、健康情報も満載。是非、こちらのリンクから御覧ください。
https://www.epochtimes.jp

◆大紀元エポックタイムズ・ウェブサイト無料会員登録はこちら https://www.epochtimes.jp/register

動画の元記事掲載のリンク
https://www.epochtimes.com(中国語)
https://www.theepochtimes.com(英語)

🔷💛ご寄付のお願い💛🔷
大紀元 エポックタイムズ(日本語版)は、世界の主流メディアが報道しない中国の真相を伝え、社会の存続の柱である伝統文化を広めています。皆様からの寄付金が私たちの活動の支えです。皆様からのご支援をお待ちしております。

👓寄付についての詳細はこちら https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/52241.html
👉クレジットカードまたは銀行振込で寄付ができます。