Corona、 vaccination

Published June 30, 2021 10,492 Views

新型コロナのワクチンは遺伝子(m R N A)ワクチンです。接種後2―3日以内の短期間の副作用(副反応)としては、頭痛・発熱・悪寒などの感冒様症状がかなりの高頻度(30−50%)で見られています。重篤なアナフィラキシーの出現も問題視されています。ところで、接種後数ヶ月―数年の長期間の副作用については、全く解明されていません。長期にわたる遺伝子(m R N A)ワクチンの副作用の可能性とその危険性について考えてみました。

Loading comments...